カードローンの返済を踏み倒すには?

カードローンを借りたがいいが返済できなくなった時に、誰もが思いつくのが踏み倒すことです。家族がいれば簡単にはできませんが、天涯孤独身ならできなくはありません。ではカードローンをどうやれば踏み倒せるでしょうか?

カードローンのなどの金融機関からの借金は、原則5年で消滅時効にかかります。つまり5年間逃げ切れば借金はチャラになるのです。手始めに口座振替で返済している方は、それを変更しておかないと自動的に引き落とされてしまいます。そして職場に迷惑がかからないように退職願いを出しましょう。

次に返済を踏み倒そうと決めてから、絶対にしてはいけないことを紹介します。それは電話に一切出ず、金融機関からの郵便物は一切受け取らないことです。夜逃げして現住所に居ないことが一番ですが、そのまま住み続けることも可能です。

昔のサラ金のように自宅まで借金取りが来るなんてことはなく、せいぜい電話や配達記録付きの内容証明くらいです。これは本人でないと受け取れないので、本人でないと受け取りを拒否しましょう。この郵便物(催告状や督促状)を受け取ると時効は一時中断され、その後訴訟を起こされると時効期間はリセットされます。

ですからへたに郵便物は受け取らない方がいいのです。また仮に電話に出てしまい返済する意思を伝えてしまうと全てが一からとなるので、知らない電話には出ないのが一番です。