カードローンはコツコツ返せる方が向いている

どうしても引っ越したい賃貸物件があり、手持ちの資金では大幅に足りなかったため、借り入れを検討しました。

返済期間が長くなりそうだったので、キャッシングよりもカードローン申し込みの方がよいと考えました。

カードローンは少し抵抗がありましたが、金利を考えると安いに越したことはなかったので申し込んでみました。

カードローンで借り入れた金額が大きかったので、なるべく早く返してしまいたかったのですが、毎月の引き落としだけでなく、財布に余裕があるときにちょこちょこ返せたのがすごくよかったです。

具体的には、1000円単位でコンビニATMから返済ができたので、コンビニに行ったときに財布を確認して、使う予定のないお札が10000円以上あったときにはその中から必ず1000円は返済するようにしていました。

大きい収入があった時は、先に返済に回してしまいました。

財布に残っていたら使ってしまう性格なので、とにかく返して、そこからまた足りなくなったら借りればいいさ!と余裕を持った方が性に合っていました。

ただ、借金するのはどうしても好きじゃないので、足りなくなったら借りる、は絶対にしないと自分でわかっていたのもあります。

結果、予定よりずいぶん早く返し終わりました。

返せるときに返す、では絶対に減っていかないと思います。

手軽にキャッシングもカードローンでの借り入れもできてしまうので、足りないからちょっと借りるをしてしまうとせっかく返した分もなくなってしまいます。

ドカンと大きい額で返して、足りなくなったらまた借りるという余裕を持った形(そして絶対に借りない)が私にはあっていましたが、ふだんの生活に余裕を持ちたくて少額ずつこつこつ返していく方が向いている人もいるかもしれません。