キャッシングの在籍確認はとってもキケン!

キャッシングの申込時に、最も嫌がられている審査項目が在籍確認である事は言うまでもありません。多くの金融機関の審査担当者は、個人名義の携帯電話で個人名を名乗った上で審査を行うと言いますが、これだけモバイル端末が発展した時代に会社宛に私用電話をかけるケースは珍しいですから、怪しまれてしまうリスクは非常に高いと言えるでしょう。また、たとえ本人が受電する事に成功したとしても、カンの良い人に消費者金融からの電話だとバレてしまうリスクは避けられないでしょう。現在の法律では生命保険会社等の偽りの業者名を名乗る事はできない点も、リスクの増加に一役買っている状態です。

そこで利用したい対策が、なんとか在籍確認を回避する方法です。これには大きくわけて二つの方法が存在します。

一つ目は、消費者金融に代替書類での審査をお願いしてみる事です。消費者金融としては本人が会社で働いている事実を確認したいわけですから、健康保険証や収入を証明する書類の提出で可としてくれる企業も存在します。特に休日の即日融資等においては、職場と連絡がつかない企業も多いわけですから、消費者金融の中には柔軟な対応を心がけている企業も存在するのです。とは言え、上記代替書類での審査は全ての業者が行ってくれるわけではありません。確実に融資を受けたい状況では、~かもしれないといった対応では不安を感じるかと思います。

そこで確実に融資を受けたい方にオススメしたい方法が、二つ目の手段であるモビットの利用です。モビットが提供するサービスであるウェブ完結審査では、健康保険証と特定金融機関の銀行口座を所有していれば、在籍確認を省略すると明示しています。その為、審査条件さえクリアすれば電話での在籍確認は一切なし、借入発覚のリスクをゼロにできるのです。

モビットは利息無料サービス等がありませんから、金利面において恩恵は少ない企業ですが、このように審査時において利用者の懸念に配慮したキャッシングサービスです。どうしてもバレたくないという方には、本当にオススメできる企業だと言えます。

キャッシングの審査が楽な会社はあるのか?

キャッシングの際にどうしても気になってしまうのが審査に通るかどうかということです。実際に審査に通らなかった場合、お金を借り入れることはできません。では、キャッシング会社によって審査には差があるのでしょうか。今日はその点について記したいと思います。

まず、結論から記すと実は審査は会社によって差があります。とはいえ、大手のキャッシング会社であればほとんど審査の差はありません。基本的には同じだと思って良いです。ある程度同じ基準で審査を行うからです。もちろん、借り入れる金額、そして本人の状況によって多少差が出るものの審査でチェックされるポイントは同じです。

とはいえ、大手ではなくて中小規模のキャッシング会社、消費者金融の場合には大手とは違います。時にはブラックになっている人でも借り入れができる場合があります。つまり、大手よりも審査のハードルが低いのです。なぜこうしたことが起こるのでしょうか。

理由は顧客獲得のためです。消費者金融業界も厳しい競争となっています。当然、大手のほうがサービスの質もよいので、お客が流れていきます。そこで、中小規模の会社は大手が受け付けない客層を取り込もうとして、審査のハードルを下げているのです。

便利に利用できるカードローン

お金を借りる時に、銀行ローンを利用すると、金利も安く抑えられるようになります。

銀行では、ほかの金融機関と比べて安い金利で貸し付けを行っているため、支払う総額を抑えられるようになるのです。

金利を抑えながら返済したいときにも、便利に利用することが出来るでしょう。

銀行ローンについては、借り入れする時の目的が明確になっているものだけではなく、利用目的を問わないローンも存在しているため、自由な目的でお金を借りていくことも可能です。

ローンに審査を申し込むときにも、ネットから申し込みを行えるなど、ほかの金融機関を利用するときと同様に、便利に利用することもできるため、忙しい方でも気軽に申し込みすることもできます。

申し込みの際には、各銀行のサイトに存在している申込フォームから指定された情報を記載することで審査を行ってもらう事もできますし、審査の結果についても早めに教えてもらう事もできます。

金利の安さだけではなく、便利に借入れしたいときにも適しているでしょう。