キャッシングで長期延滞すると将来のローンの審査に影響する

キャッシングでは毎月必ず返済日が決まっていますが、万が一遅れてしまうときは事前に連絡しておけば、遅延利息を支払うことによって契約解除にまではなりません。

しかし、キャッシングの返済を長期間延滞して放置するといった悪質なことをすると、将来の借入の評価に影響を及ぼしてしまいますので気をつけましょう。

長期延滞などの重要な記録や債務整理は信用情報として5年ぐらい記録が残ったままになります。

そうすると他の企業によるクレジットカードなどの審査において評価が下がってしまうのです。

利用者の返済能力を調べるためにはほぼ間違いなく信用情報を確認します。

金融機関、銀行などが加入している信用情報機関の情報は非常に重要です。