カードローンの返済を踏み倒すには?

カードローンを借りたがいいが返済できなくなった時に、誰もが思いつくのが踏み倒すことです。家族がいれば簡単にはできませんが、天涯孤独身ならできなくはありません。ではカードローンをどうやれば踏み倒せるでしょうか?

カードローンのなどの金融機関からの借金は、原則5年で消滅時効にかかります。つまり5年間逃げ切れば借金はチャラになるのです。手始めに口座振替で返済している方は、それを変更しておかないと自動的に引き落とされてしまいます。そして職場に迷惑がかからないように退職願いを出しましょう。

次に返済を踏み倒そうと決めてから、絶対にしてはいけないことを紹介します。それは電話に一切出ず、金融機関からの郵便物は一切受け取らないことです。夜逃げして現住所に居ないことが一番ですが、そのまま住み続けることも可能です。

昔のサラ金のように自宅まで借金取りが来るなんてことはなく、せいぜい電話や配達記録付きの内容証明くらいです。これは本人でないと受け取れないので、本人でないと受け取りを拒否しましょう。この郵便物(催告状や督促状)を受け取ると時効は一時中断され、その後訴訟を起こされると時効期間はリセットされます。

ですからへたに郵便物は受け取らない方がいいのです。また仮に電話に出てしまい返済する意思を伝えてしまうと全てが一からとなるので、知らない電話には出ないのが一番です。

カードローンはコツコツ返せる方が向いている

どうしても引っ越したい賃貸物件があり、手持ちの資金では大幅に足りなかったため、借り入れを検討しました。

返済期間が長くなりそうだったので、キャッシングよりもカードローン申し込みの方がよいと考えました。

カードローンは少し抵抗がありましたが、金利を考えると安いに越したことはなかったので申し込んでみました。

カードローンで借り入れた金額が大きかったので、なるべく早く返してしまいたかったのですが、毎月の引き落としだけでなく、財布に余裕があるときにちょこちょこ返せたのがすごくよかったです。

具体的には、1000円単位でコンビニATMから返済ができたので、コンビニに行ったときに財布を確認して、使う予定のないお札が10000円以上あったときにはその中から必ず1000円は返済するようにしていました。

大きい収入があった時は、先に返済に回してしまいました。

財布に残っていたら使ってしまう性格なので、とにかく返して、そこからまた足りなくなったら借りればいいさ!と余裕を持った方が性に合っていました。

ただ、借金するのはどうしても好きじゃないので、足りなくなったら借りる、は絶対にしないと自分でわかっていたのもあります。

結果、予定よりずいぶん早く返し終わりました。

返せるときに返す、では絶対に減っていかないと思います。

手軽にキャッシングもカードローンでの借り入れもできてしまうので、足りないからちょっと借りるをしてしまうとせっかく返した分もなくなってしまいます。

ドカンと大きい額で返して、足りなくなったらまた借りるという余裕を持った形(そして絶対に借りない)が私にはあっていましたが、ふだんの生活に余裕を持ちたくて少額ずつこつこつ返していく方が向いている人もいるかもしれません。

カードローンを利用するときの注意点と利用方法

離婚をしたときに、預貯金が無くカードローンを利用する事になりました。主に、生活資金や、引越し代などで借り入れをしました。

その他に、学校に就学する子供がいるのでそちらのほうでもカードローンの利用をする事になりました。

保険を解約したり、定期預金などを解約した上でも金銭面が大変であった為、数社の利用をすることになりました。

カードローンを利用することで、すぐに必要な最低限の物の購入が可能になりました。

数社に借り入れをしていた為、支払期日にズレが生じ期日内での支払いが困難になってしまったり、数日支払期日から遅れて支払う事がありました。

結局、一つの会社に絞った『おまとめローン』に変えたことで、支払い期日の把握が出来るようになりました。それにともない、利息も低金利になりました。

少し困った事は案内の葉書が沢山届いた事です。利用する事は無かったのですが、沢山郵便ポストに入っていた時は驚きました。

支払い期日をきちんと守れるように、計画を立てておくことが重要だと思います。数社で借り入れをしている場合は、それぞれ支払期日が異なる場合があるので注意が必要です。

カード会社の『おまとめローン』を利用できるならば、そちらのほうが支払い期日を厳守できます。

カードローンでなんとか個展の費用を用意できました

仲間内で撮り貯めた写真がかなりの数になってきて、良い感じのものが揃ってきたのでここら辺で個展でも開こうという話になりました。

その時は話しが盛り上がり、日程や作品数など細かい事を色々決めて、手付金を払ってから気が付きました。

かなりのお金が必要な事に。

複数人での個展なので、割り勘とはいえ私には大金でした。

さすがにこの年で個展の為に親にお金を借りるというのは恥ずかしいですし、他に借りる当ても無いので駄目モトで銀行のカードローンに申し込んでみました。

一応定職に着いていますし、何とかなるだろうという気持ちが強かったのですが、残念ながら審査に通りませんでした。

原因が何なのかはわかりませんが、うだうだ言っている暇はないのでその足で消費者金融へカードローンの申し込みに行きました。

希望額は先ほどと一緒です。

先ほど一度落ちているのに、今思えばかなり強気ですね。

そんな私ですが、消費者金融の方は審査に通りました。

ここが駄目だったら他に借りる当ても無いのでどうしようかと思っていたのですが良かったです。

後から聞いた話ですが、この時の個展のメンバーはみんなお金を用意するのに消費者金融のカードローンを利用したそうです。

私たちのようなアマチュアカメラマンにとって、消費者金融は無くてはならないものなのかも知れません。

これからもお世話になります。

便利に利用できるカードローン

お金を借りる時に、銀行ローンを利用すると、金利も安く抑えられるようになります。

銀行では、ほかの金融機関と比べて安い金利で貸し付けを行っているため、支払う総額を抑えられるようになるのです。

金利を抑えながら返済したいときにも、便利に利用することが出来るでしょう。

銀行ローンについては、借り入れする時の目的が明確になっているものだけではなく、利用目的を問わないローンも存在しているため、自由な目的でお金を借りていくことも可能です。

ローンに審査を申し込むときにも、ネットから申し込みを行えるなど、ほかの金融機関を利用するときと同様に、便利に利用することもできるため、忙しい方でも気軽に申し込みすることもできます。

申し込みの際には、各銀行のサイトに存在している申込フォームから指定された情報を記載することで審査を行ってもらう事もできますし、審査の結果についても早めに教えてもらう事もできます。

金利の安さだけではなく、便利に借入れしたいときにも適しているでしょう。