カードローンでなんとか個展の費用を用意できました

仲間内で撮り貯めた写真がかなりの数になってきて、良い感じのものが揃ってきたのでここら辺で個展でも開こうという話になりました。

その時は話しが盛り上がり、日程や作品数など細かい事を色々決めて、手付金を払ってから気が付きました。

かなりのお金が必要な事に。

複数人での個展なので、割り勘とはいえ私には大金でした。

さすがにこの年で個展の為に親にお金を借りるというのは恥ずかしいですし、他に借りる当ても無いので駄目モトで銀行のカードローンに申し込んでみました。

一応定職に着いていますし、何とかなるだろうという気持ちが強かったのですが、残念ながら審査に通りませんでした。

原因が何なのかはわかりませんが、うだうだ言っている暇はないのでその足で消費者金融へカードローンの申し込みに行きました。

希望額は先ほどと一緒です。

先ほど一度落ちているのに、今思えばかなり強気ですね。

そんな私ですが、消費者金融の方は審査に通りました。

ここが駄目だったら他に借りる当ても無いのでどうしようかと思っていたのですが良かったです。

後から聞いた話ですが、この時の個展のメンバーはみんなお金を用意するのに消費者金融のカードローンを利用したそうです。

私たちのようなアマチュアカメラマンにとって、消費者金融は無くてはならないものなのかも知れません。

これからもお世話になります。